FC2ブログ

人気の犬・猫ペット用品をチェック!!

 

ミネラルゼロの水素水


犬専門通販ショップ

 

無添加!犬猫自然食はコチラ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットも「在宅ケア」時代!?

ペット用品が“進化”し続けている。ペットの最期を自宅で看取る在宅ケアが増えているのが理由だ。楽に呼吸ができる在宅用酸素吸入装置や、糞の臭いを長期にシャットアウトする脱臭袋…。急成長するペット市場に目を付けた医療メーカーなどが参入、得意分野で“進化”を後押しする。(服部素子)

医療メーカーがペット市場に次々参入

 6月下旬、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪2階で開かれた動物医療学会の展示会場。フロアに計約50社が出展。ペットの医療器具の数々が並ぶ。

 その一つが、肺や心臓疾患を抱えるペットのための在宅用酸素吸入装置。酸素濃縮器専門メーカーのテルコム(本社・横浜市)が開発した「ペット用酸素ハウス」。室内の空気を取り入れ、酸素濃縮器で高濃度酸素を発生させ、それをホースで透明ケージに送り込む仕組み。外気の酸素濃度が約20%なのに対し、ケージ内の酸素濃度は常に約30~38%に維持される。

 同社関西エリア代理店の北村慈さん(43)は「電源と空気があれば家庭でも高濃度酸素を作り続けることができる。レンタルの形態ですが年々、利用者は増えています」と説明する。

 利用は1日からのレンタル制。料金はケージの大きさで異なるが、基本料金、搬入・搬出費など込みで1カ月間借りると、約3万5千円~5万円。目的は、在宅ターミナルケアが中心で、貸し出し期間は平均1カ月。平成16年の初年度のレンタル台数は、数十台だったが、現在は全国で約1100台稼働中だ。

 その他にも会場には、ペット保険、腎臓病などの病気や肥満対策用の療法食、小動物専用の臨床検査薬、犬の白内障手術に使用するレンズなどを扱う企業が出展していた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

えーた12

Author:えーた12
ダイエット、健康関連の気になる情報や商品をメインに紹介。
なんでも気になるものをランキングしていく企画と2本立てで進行!

また色々買い物悩んでいる方、ダイエット悩んでいる方等
コメントお待ちしております。

■アメブロしてます
http://ameblo.jp/ekta12/

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。